当サイト相談スタッフから

それぞれにあった方法で適切に修理いたします

 自動車のフロントガラスは丈夫なようでも飛び石などでもちょっとしたキズがついてしまいます。また、フロントガラスが冷たい状態でヒーターを入れるとヒビが簡単にはいってしまいますので、寒い時期は特に注意が必要です。そのまま走行も可能ですが、放っておくとドアの開け閉めなどの衝撃で大きくなってしまうことがあり、車検も通らなくなってしまうことがあります。ですので、小さなうちにガラスの補修をしてしまうことがおすすめです。
 ガラスの補修ですと交換に比べて価格も安くできます。ご自分でできるキットもありますが、キズを目立たなくさせるだけのものや、簡易キットなどで傷口をふさいでしまうと後から修正できないこともありますので、確実に修復するためにはまずお気軽にご相談ください。ガラスの補修は小さいうちになおしてしまうと価格も安くでき、交換までいかないで済ませられることが多いので、気づいたときにお早めにご相談ください。
 空気や水が入ってきてしまい、さらに被害が大きくなってしまうこともあります。ヒビ、傷にも線上になっているものや、欠けている状態など種類がありますが、種類や大きさによって修復方法なども変わってきます。それぞれにあった方法で適切に修理いたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼