秋田市対応の弊社加盟店のご紹介

アメージング企画 秋田
ガラスと一口に言っても様々な種類があります。一般的に使われているガラス以外にも強化ガラスや断熱性の高いガラスなど、場所や用途によって合わせることが望ましいでしょう。ところでインテリアなどに向くデザインガラスというものもあります。デザインガラスには色がついたものから、加工されて模様が規則的に付いているもの、すりガラスのようなものもあります。光に透かすと美しい陰が出来たり、部屋の雰囲気をぐっと良くすることが出来ますので非常に人気です。しかし、こうしたデザインガラスは割れやすく出来ているものが多く、防犯には向きません。また、熱によって膨張して割れてしまいやすいので、こちらにも注意が必要です。近年では技術も進歩しておりこうした欠点を克服しているガラスがあります。アメージング企画秋田はどのようなガラスを使用すれば良いかお悩みの方のご相談に常に対応し続けてきた企業ですので安心してお任せ頂けます。
リリーフ
リリーフはお客様のより良い生活のために努力を続けています。窓ガラスに重要なのは断熱性です。日本は気候の移り変わりが大きい割には断熱性の低い住宅が多いと言われています。窓は暑さや寒さの入り口となっています。窓を閉めているのに暑い、寒いという理由は窓の断熱性が低いからと言えます。窓の断熱性を高めるために大切なのは複層ガラスなどの、断熱性の高いガラスを取り入れるということです。複層ガラスは、ガラスを何枚も組み合わせてあるものです。これで外から伝わってくる熱を大幅に少なくしてくれます。こうしたガラスのメリットとして結露を防止してくれるということがあります。結露は湿気はもちろんカビなどの発生を助長するため、防いでおきたいのです。このようにメリットの多い断熱ガラスの取り付けもリリーフは行ってくれます。地域のお客様にも厚い信頼を得ており、安心できる企業として知られています。
秋田の便利屋株式会社ビジョン
秋田の便利屋株式会社ビジョンはガラスに関するご相談を多く受け付けてきた企業です。もしも窓ガラスが割れてしまったらそのままにせずにすぐに取り替えた方が賢明です。ガラスを取り換える前にまずしなくてはならないのが割れたガラスの後処理です。ガラスはまず大きな破片を拾い集めましょう。ほうきやチリトリなどで掃くことができる場合であればそれを利用しても構いません。細かいガラスまでほうきやチリトリなどでよく取り除いた後は、念のため部屋全体に掃除機をかければ怪我をすることもありません。作業中は子どもやペットが近づけないようにしておきましょう。また、窓に残ったガラスを触って怪我をする場合もありますので、取り除けそうなものは早めに取り除き、後は出来るだけ近づかないようにしましょう。秋田の便利屋株式会社ビジョンは割れた後のガラスに迅速に対応してくれるお客様の強い味方です。
秋田市のガラス修理交換サービス

秋田市のガラス割れ対策について

東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災にあって、東北6県の中でも秋田県は被害が比較的軽い方でした。秋田県でも大きな揺れを観測しましたが、津波の被害を受けず、揺れそのものによる被害もそれほど大きくなかったのは不幸中の幸いであったと言えます。県民にとって忘れ難いのは、むしろ1983年の日本海中部地震の方です。この地震で発生した大津波により、多くの人命が失われました。5月26日は県民防災の日と定められ、県内各地で毎年避難訓練が行われます。どうしても津波の被害が大きく取り上げられがちですが、この地震では秋田県内の住宅で全壊757、半壊1029、一部損壊1735という数字が示すように、地震の揺れそのものがもたらした被害も甚大でした。県庁所在地の秋田市も例外ではありません。市の名物となっていたデパートのタワーが倒壊して屋根を直撃し、死者も出ています。雄物川下流域に位置する秋田市は地盤の緩い地域も多く、地震の際に他の地域よりも揺れが大きくなる傾向は否定できません。日本海中部地震では震度5を観測し、東日本大震災でも県内では大仙市とともに県内最大の震度5強を記録しました。耐震基準の厳しくなった近年の建物なら、震度5で全壊に至ることは考えにくいでしょうが、一部損壊の恐れは十分に考えられます。窓ガラスが割れることによる怪我の危険性は、特に懸念される材料として見落としてはなりません。地震被害に限らず、沿岸部に位置してしばしば強風に見舞われる秋田市では、いざというときの修理や交換について日頃から対策を練っておく必要があります。最近は一般の住宅にも割れにくい窓ガラスの採用が増えてきています。車などにも使われている強化ガラスは、高熱処理をした直後に急速冷却し、対風圧強度を3.5倍から4倍にも高めたものです。防犯効果は高くありませんが、万が一割れた場合の破片が粉状になるため、高い安全性が利点と言えます。間に中間膜を挟んで接着した合わせガラスは割れにくい上、割れても破片が飛散せず、防犯効果も高いのが特徴です。こうした割れにくいガラスと交換したり、日常生活でのトラブルの際に修理を依頼したりするに当たっては、電話やメールで気軽に相談できる「ガラス110番」がおすすめです。365日24時間対応で全国に出張可能なこの修理・交換窓口は、ネットで詳しい情報を知ることができます。

秋田市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2017年04月21日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    12,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様から、室内ドアのガラス交換のご依頼をいただきました。寸法は縦横ともに900ミリメートルで、厚さおよそ2~3ミリメートルということでした。ガラスはフロートガラスということで、施工日時は相談されるということでした。

  • 受付日
    2017年03月29日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    17,000円

    息子様のご自宅の施工のご依頼をいただきました。浴室扉の下半分がひび割れしているとのことですりガラスとのことでした。施工はできるだけ早くお願いしたいとのことで、寸法は縦735ミリメートル横605ミリメートルとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2017年03月29日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    8,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様より自宅玄関の扉のガラス部分の交換希望のお問い合わせがありました。寸法は縦800ミリメートル横800ミリメートルのフロートガラスとのことでした。施工日時に関しては最短を希望されていました。

  • 受付日
    2017年03月09日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    18,000円

    お客様よりガラスの交換の連絡を承りました。状況は障子の半分がガラスになっており、種類はすりガラス、網なしの1枚ガラス。寸法は縦30センチメートル、横40センチメートルで、厚さ2~3ミリメートルでした。施工希望日は相談とのことで、ご自宅は戸建住宅でした。

  • 受付日
    2017年02月05日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    20,000円

    戸建住宅のお客様より、お子様がキャッチボールでサッシの窓ガラスを割ってしまったため、交換をご希望でした。ガラスは網のないフロートガラスで、複層ガラスではないとのことでした。縦は83センチメートル、横は75センチメートルで、厚さは3~4ミリメートルとおっしゃっていました。施工希望日は最短日時をご指定でした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼