山形県対応の弊社加盟店のご紹介

お助け隊ラリーズ
お助け隊ラリーズはお客様のことを第一に考えつづけ、常に信頼を集めてきた企業です。ガラスにも様々な種類がありますが、その中で強化ガラスは車や大きなビルなどによく使われているガラスです。車に強化ガラスが使われている理由の一つが安全のためです。常に風圧を受け続け、雨などにも晒されているのが車ですので強いガラスを使わなれば危険です。また、強化ガラスにしておけば、万一事故をした時に強化ガラスは粉々に割れますので、ドライバーを割れた破片で傷つけるようなことはありません。しかしそんな車を守るガラスも飛び石などで傷つくことがあります。小さなキズで済む場合もありますが、それでもそういったキズをそのままにしておくことは、ヒビを広げる原因ともなりますので、早めに修理したほうが賢明です。お助け隊ラリーズはこのようなガラスのお悩みに素早く対応してくれますので、是非一度ご相談ください。
阿部弥吉商店
阿部弥吉商店は皆様のよりよい暮らしをガラスを通して守り続けている企業です。近年空き巣などの被害が多発していますが、こうした空き巣が何処から侵入しているかをご存知ですか?実はほとんどが窓ガラスからの侵入です。空き巣の中には音を鳴らさずに窓を割って侵入できるものもいます。空き巣などが強盗や人の命を奪うような重大犯罪を引き起こすことも考えられますので、犯罪者は家に入れないということが大切になります。窓ガラスからの侵入を防ぐためには防犯ガラスなどを使用するのがおすすめです。防犯ガラスは割れにくい構造なのですが、万一割れてしまっても破片が飛び散ることなく、窓枠にしっかりとついているため、犯罪者も入ることが出来ません。どのようなガラスにしたら良いかをお困りごとに合わせて考えるお客様の元にも、阿部弥吉商店は丁寧にお伺いしてきた実績があります。親身な対応で対応してくれますので安心です。
須藤ガラス店
須藤ガラス店はガラスについてのお困りごとに親身になって対応してきた企業です。新しく家に窓ガラスを取り付けることを考える時に重要になるのは、防犯と断熱です。犯罪者は家の窓ガラスを割って入ってくることが多いため、防犯ガラスを取り付けておくと安全です。犯罪者は侵入までにかかる時間が5分以上になることを嫌う傾向があります。また、断熱性の高い窓を使用していると暑さ寒さを防いで、光熱費を下げることが出来ることはもちろんですが、結露などに悩まされることも少なくなるため、湿気やカビなどの発生を抑えて生活できます。家の窓は光や風を取り込む大切な部分ですが、暑さ寒さや泥棒を招き入れてしまう原因にもなりますので十分に注意が必要です。須藤ガラス店は自宅の窓ガラスについて対応してくれます。一軒家だけでなく、集合住宅や施設などの相談にもしっかり対応している頼りになる存在ですので安心してお任せ頂ください。
山形県のガラス修理交換サービス

山形県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

近年、住まいを快適にする窓として複層ガラスの人気が高まっています。全国で建てられた新築一戸建てでの普及率を見ても、2000年では66.9%だったのものが、2014年には96.7%となり、ほとんどすべての新築住宅で採用されるまでになっています。人気の理由は、第一に、2枚の板ガラスの間に空気の層を設けているため、断熱性に非常に優れていることです。熱が最も伝わりやすい窓の断熱性が高まるため、夏は涼しく冬は暖かく、冷暖房効果も格段に高まり、省エネかつ経済的です。また、冬になるとカーテンや窓枠を汚す結露を防ぎ、シックハウスの原因にもなるカビの発生を抑えることにもつながります。さらに、防犯、防火、遮熱、UVカットなどの機能を備えたものもあり、窓ひとつで格段に快適な住まい心地が得られるからです。窓の二重仕様は、とくに寒冷地では冬の寒さ対策、暖房費節約に非常に効果を発揮するのですが、降雪量が多く、冬寒い山形県では、すべての住宅のうち、二重サッシまたは複層ガラスの窓がある住宅は約44%にとどまっています。山形県は県全域の約9割が特別豪雪地帯という雪深い地域です。とくに内陸側が寒暖の差が激しく、地域によってはマイナス15度近くまで下がることもあります。一方、春から夏にかけてはフェーン現象が発生しやすく、突然、猛暑日に見舞われることもあります。このような山形県の気候の中、一年を通して快適に、とくに長い冬を暖かく過ごすには、窓を複層のものに交換するだけで大きな効果が得られます。冬の間中かかってくる暖房費が節約できますし、結露を抑えるのでお手入れの手間が軽減され、室内のカビの発生も防げます。また、基本の断熱性能に様々な性能をプラスしたものもあり、中間膜を挟んだタイプのものは耐貫通性に優れ、泥棒の手口に多い窓のこじ破り、打ち破りを防ぐのにとても効果的です。ひとり暮らしの方や、昼間留守がちなお宅では心強いものです。古い窓をこのような複層ガラスに交換するには、信頼のおけるガラス屋さんに依頼するのがベストです。窓ガラスの修理・交換はもちろん、様々な修理経験を通じてプロとして豊富な知識・情報をもっていますので、地域の実情やライフスタイルに合った製品を提案してくれます。より快適・安心・経済的な暮らしのためにも、万一の際の修理のためにも、評判のいい業者を見つけて相談されてみてはいかがでしょう。

ガラス110番の山形県地域における対応エリアについて

  • 山形市
  • 米沢市
  • 鶴岡市
  • 酒田市
  • 新庄市
  • 寒河江市
  • 上山市
  • 村山市
  • 長井市
  • 天童市
  • 東根市
  • 尾花沢市
  • 南陽市

山形県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年09月07日
    エリア
    山形県鶴岡市
    参考金額
    8,000円

    戸建住宅の方から窓ガラスの交換希望連絡を頂戴しました。ガラスにひびが入っているとのお話で、ガラスはフロートガラス、寸法は縦106センチメートル、横64センチメートル、厚さは2~3ミリメートル。施工希望日は具体的なお日にちのご指定がありました。

  • 受付日
    2016年04月22日
    エリア
    山形県鶴岡市
    参考金額
    8,000円

    こちらのお客様は、ガラス交換の電話概算見積りをご希望されていました。施工内容としては、割れたガラスの交換をご依頼されていました。ガラスはベランダに設置されていたもので、ガラスの種類はフロートガラス。寸法は縦180センチメートル×横60~80センチメートル、厚さは5ミリメートルとのこと。現地でのお見積りは、電話概算の結果によって判断したいとおっしゃいました。

  • 受付日
    2015年04月19日
    エリア
    山形県東村山郡中山町
    参考金額
    12,600円

    キッチンにあるすりガラスの交換についてお問い合わせをいただきました。お客様は戸建住宅にお住まいで、寸法が縦30センチメートルの横30センチメートル、厚さが3ミリメートルあるガラスを交換してほしいという内容でした。また、現在の状況は引戸のガラスが2枚割れているというご報告もいただけました。お見積りの日程につきましては、ご指定ありのご要望ということでした。

  • 受付日
    2015年01月15日
    エリア
    山形県鶴岡市
    参考金額
    8,000円

    店舗入口のガラス交換に関するお問い合わせをいただきました。お客様によりますと、ガラスはフロートガラスで縦150センチメートル、横83センチメートル、厚さは5ミリメートルとのこと。割れてしまったため、ガラス交換が必要で、他社との相見積りをされているご様子でした。見積りのお日にちに関しては、とくにご希望はないとお話下さいました。

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼