札幌市対応の弊社加盟店のご紹介

オリジナルワークス有限会社
オリジナルワークス有限会社は札幌を中心に活躍している住宅施工業者です。ガラスサッシの補修などにも対応している会社です。ガラストラブルで最も多いのがやはり「割れてしまったので交換してほしい」ということです。子供がボールをぶつけてわってしまった、ころんでぶつかって割ってしまった、掃除しようと思いお湯をかけたら割れたなど、簡単な理由でヒビが入ったり割れてしまうことはとても多いです。ガラスはその特性上かなりもろいものです。扱い方を間違ってしまうと簡単に壊れてしまいます。「もっと丈夫なガラスがいい」という方にはガラスの交換をお勧めします。ガラスといってもやはり様々な種類があります。生活に一番適応したガラスを使用されるのが1番よいかと思います。このオリジナルワークスはそれらの作業に十分対応できる技術力が特徴ですから、安心して任せておけます。
株式会社日成ハウジング
株式会社日成ハウジングは、札幌を中心に活動している住宅施工の会社ですが、その業務は多岐にわたって行われています。その中の一つにガラス補修があります。ガラスはとてもデリケートなものであることに加え、取り扱いに知識を必要とするものです。ガラスの特性、性質、何に弱くて何に強いのかを正確に理解していないと正しく取り扱うことは出来ません。それにガラスは一歩間違えれば凶器にもなりえてしまうようなものです。個人での取り扱いは大変危険です。安易に個人で判断してしまうとケガの原因になるだけではなく、後々に取り返しのつかないことになってしまう可能性も出てきてしまいます。ガラスの取り扱いは知識を持った業者に任せましょう。個人で安易に行ってしまうのが近道ではなく、専門の業者に依頼、診断してもらうことが一番の近道なのです。
住環境プランニング
住環境プランニングは、住宅をはじめとする様々な建物のガラス工事や補修を主に行う業者です。一口にガラス補修といっても内容は様々です。軽くヒビが入っただけでも、交換になってしまうのか補修になってしまうのかは専門的知識がないと把握は出来ません。ガラスは扱いが非常に難しい材料なのです、ですから素人が安易に判断すべきではありません。ところで、ガラスは生活の中ではなくてはならないものです。いろんな種類のガラスがありますが、快適に生活するためには、今お住いの住宅に最も合ったガラスを使用する必要があります。近年であれば防犯意識も高まっており、ガラスを防犯ガラスに交換する、ガラスに飛散防止のフィルムを張るなどの対策をとる方も多くいらっしゃいます。まずは何を始めたらよいのかわからないという方は、一度業者に相談することをお勧めします。業者とのやり取りで、問題を解決することが出来るでしょう。
札幌市のガラス修理交換サービス

札幌市のガラス割れ対策について

近年はヒートアイランド現象が顕著となり、札幌市の気温は100年前と比べて6.5度も上昇しています。冬は言うまでもなく豪雪気候で、北日本の日本海側特有の厳しさはありますが、最低気温が氷点下10度を下回ることは少なくなりました。とは言え北海道のことですから、冬の気候は決して温暖とは言えません。日本の政令指定都市の中で札幌市は、依然として冬の寒さが最も厳しい環境にあります。市内で二重サッシまたは複層ガラスの窓を持つ住宅が約730,000軒もあるというデータが、これを裏付けています。平成26年10月1日現在の世帯数932,974軒に対する割合を考えると、相当に高い数字と言わざるを得ません。冬の寒さが厳しい一方、札幌市の夏は前述のヒートアイランド現象の影響もあって、必ずしも冷涼な気候とは言い難いのが現状です。冬は他の政令指定都市よりも寒冷でありながら、夏の暑さでは他の都市と大きな違いがないという特徴も指定できます。冬に寒く夏に暑いという札幌市特有の気候を考えると、家と外気とを隔てる窓の重要性は決して低くありません。冬の寒さから家を守り、暖房効率を向上させる二重ガラスの存在は、夏の暑さから室内を守って冷房効率を高める働きも期待できます。断熱効果ばかりでなく防音・防犯のことも考える場合は、合わせガラスなど性能の良い製品と交換するのも効果的です。そんな心強い二重窓も、地震や強風、思わぬハプニング等によって破損する場合もあります。厳冬期や真夏に窓が壊れた場合は、生活に重大な影響を及ぼします。修理できないまま暑さや寒さにさらされる時間が長引けば、それだけ苦痛を強いられることにもなります。そのようなとき、すぐに駆けつけて修理や交換に応じてくれる業者さんの存在が欠かせません。昔はどこの街にもガラス屋さんがいたものですが、ネットワークが発達した今は、全国の加盟店からなる「ガラス110番」に電話をしてみるのが最も手軽な方法です。365日24時間対応で受付可能の上、修理や交換料金の見積もりは無料ですから、安心して相談することができます。困ったときにはまず、「ガラス110番」をインターネットで検索してみることをおすすめします。

札幌市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年05月29日
    エリア
    北海道札幌市西区
    参考金額
    11,000円

    ご自宅の窓ガラスが割れてしまい、お困りのお客様よりご依頼いただきました。割れてしまったガラスは1枚のフロートガラス。縦127センチメートル、横100センチメートルほどで厚さは3ミリメートルとのことでした。お客様はまず、ガラス交換の費用についてお電話での見積りを希望されました。

  • 受付日
    2016年05月25日
    エリア
    北海道札幌市豊平区
    参考金額
    10,000円

    窓ガラスの交換をしてほしいとのお電話が寄せられました。詳しいことについては、空き巣に入られて窓ガラスを割られたとおっしゃっておりました。ガラスの種類は複層ガラスで、外側がフロートガラスで内側がすりガラスとのこと。寸法は縦が620ミリメートルで横が340ミリメートル。施工日については、指定されたお日にちを希望しておりました。

  • 受付日
    2016年05月22日
    エリア
    北海道札幌市西区
    参考金額
    16,000円

    ガラス交換をご希望のお客様から、見積りについて相談したいとのご連絡でした。戸建住宅にお住まいで、窓ガラスをすりガラスからフロートガラスに変更したい、どれくらい料金がかかるか知りたいというご相談でした。寸法は縦961ミリメートル、横284ミリメートル、厚さは分からないとのことでした。見積り日および施工日に関しては最短のお日にちで対応してほしいとお急ぎのご様子でした。

  • 受付日
    2016年05月07日
    エリア
    北海道札幌市白石区
    参考金額
    8,200円

    アクリル戸のガラス交換について、お客様からお問い合わせをいただきました。場所は窓ガラスで、種類はフロートガラスということでした。寸法につきましては、縦100センチメートルの横85センチメートル、厚さが2ミリメートルから3ミリメートルあるというご報告をいただけました。また、希望日についてはご指定があるご様子でした。

  • 受付日
    2016年05月03日
    エリア
    北海道札幌市西区
    参考金額
    16,000円

    賃貸住宅の共用部分にあるドアのガラスが破損したとのご連絡をいただきました。ガラスの種類は網が入っていないフロートガラスで、寸法は縦800ミリメートル×横770ミリメートル、厚さは3ミリメートル程度とのことでした。賃貸住宅の管理会社様へは連絡済みとのお申し出でした。まずは現地でのお見積りを希望されており、具体的なお日にちをご提示されました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼