大分県対応の弊社加盟店のご紹介

なんでも屋宇佐店
なんでも屋宇佐店は、大分県でさまざまなガラスの業務を行っている会社です。みなさんは窓ガラスにどれだけの種類があるかご存知でしょうか。窓ガラスにはそれぞれ特徴の違うガラスが沢山あります。一般的に使われているのがフロートガラスです。ガラスを溶かしたものを型に流し込み作られるガラスです。この他にも様々なガラスがあります。まずは強化ガラスと呼ばれるものです。先ほどのフロートガラスよりも3倍ほどの強さをもつガラスです。万が一割れてしまった場合でもブロック状の破片となるため安全性の面でも優れています。しかし、強化と名前についていますが、かなり強い力を加えると割れてしまうので防犯面ではあまり効果があるものではありません。もう一つは網入りガラスと呼ばれている窓ガラスです。このガラスは火災がおきた際にガラスが割れて飛び散ってしまわないように、ガラスの間に金属製のワイヤーが入っているものです。火災の際に破片が飛び散らないようになっているため、熱などによってヒビが入ることがあります。ここで紹介した他にもまだまだ沢山のガラスがあります。ですから用途によって窓ガラスを設置したり交換したりすることができます。
有限会社トータル建窓
有限会社トータル建窓は、大分県でガラスに関する業務を行っている会社です。窓ガラスにはいろいろな種類があります。一般的に使われているフロートガラスをはじめ、火災の際に性能を発揮する網入りガラスなどがあります。その他にもまだまだ沢山の種類があります。まず、すりガラスと呼ばれるものです。すりガラスはガラスの表面にデコボコの加工を施すことで透明度を下げたガラスです。透明度を下げてあることで外から見えにくくなり、お風呂場の窓やトイレの窓などに設置されることがあります。また、道路に面している部屋の窓などに使用することも多くなってきています。次に合わせガラスと呼ばれるものです。2枚のガラスの間に透明のフィルムを挟み込んで密着させているガラスで、フィルムがあることによって叩いても割れにくいガラスにすることができます。ですが、熱による吸収率が違うため使う環境によってはヒビが入ったりすることがあります。このように一口にガラスと言ってもさまざまなものがあります。使う環境に合わせて窓ガラスを選ぶのもいいかもしれません。
チームHAN
チームHANは、大分県でガラスに関する依頼を承っている会社です。窓ガラスに沢山の種類があることはご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、ガラスの構造に関しても様々なものがあります。まずはシングルガラスまたは単板ガラスと呼ばれる構造のものです。この構造は新築の家ではあまり使われることが少なくなりましたが、現在の住宅ではほとんどの窓には1枚だけのガラスが入っている場合が多いです。シングルガラスは熱を伝えやすい材料のため、冬の窓ガラスの表面の温度は外の温度とほとんど同じになります。次にペアガラスまたは複層ガラスと呼ばれるものです。ペアガラスとは2枚のガラスの間に乾燥した空気が入っているため、高い断熱性に優れています。また結露を防ぐこともできます。このように窓ガラスにはガラスの種類だけでなくガラスの構造にもさまざまな種類があるのです。
大分県のガラス修理交換サービス

大分県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

大分県は、九州の中でも比較的温暖で夏の暑さもそれほど厳しくないと言われています。しかし、近年の全国的な夏の暑さは異常で大分も猛暑日が続く日が多くなりました。それに西部は、高い山が連なり内陸部は気候の変化が激しく、冬は寒さが厳しく雪が積もる日もあります。ここに点在する盆地は、夏の暑さが厳しく冬は雪が積もるほど寒い地域でもあります。大分の人々は、その気温の変化に対処するために住宅に様々な工夫をしています。二重サッシ、または複層ガラスを使用することで断熱効果を高め部屋の温度を調節しています。この普及率は全体の11%ですが、大分県ではその機能性からこれからの需要が増えることが期待されます。複層ガラスは、合わせガラスの間に空気の層を作ったものでそれが断熱効果を高めます。そのため暖房や冷房の費用を抑える省エネ効果もあるのです。二重サッシや複層ガラス窓は、防音効果も高く家の中の音を外に出さず、外の騒音も部屋に響きにくいという利点があります。それに、耐久性に優れているので防犯効果も高く泥棒などの侵入をほとんど寄せ付けません。結露にも強く、部屋に湿気を寄せ付けない効果があります。窓ガラスの修理や交換などが必要になった場合は、思い切って二重サッシなどに替えてみることをおすすめします。修理や交換の費用は普通の製品より少し割高ですが、断熱性に優れ省エネ効果もあり長い目で見ればお得です。何よりこれを設置することで部屋の環境が抜群に良くなるのです。窓にフィルムなどを貼って断熱効果を上げている住宅もありますが、これもヒビが入ったりしたら交換しなくてはなりません。それならば、耐久性に優れた二重サッシにしておけば修理などの必要はありません。九州では、比較的温暖だと言われている大分県ですが、地域によっては気候は随分違ってきます。また、地球の温暖化の影響で近年は気温の変化は随分変わってきています。真夏の暑さや冬の寒さが本格的になる前に、二重サッシや複層ガラスに取り替えることはいい選択だと言えます。

ガラス110番の大分県地域における対応エリアについて

  • 大分市
  • 別府市
  • 中津市
  • 日田市
  • 佐伯市
  • 臼杵市
  • 津久見市
  • 竹田市
  • 豊後高田市
  • 杵築市
  • 宇佐市
  • 豊後大野市
  • 由布市
  • 国東市

大分県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年05月24日
    エリア
    大分県別府市
    参考金額
    9,259円

    県営団地の方からご相談をいただきました。地震によってガラスが1枚割れてしまったために、この修理の見積りをお願いしたいということでした。割れてしまったのはすりガラスで、ベランダにあるものということでした。大きさなどについては一切不明。見積りや施工の希望日については相談して決めたいとのことでした。折り返しの電話については指定がありました。

  • 受付日
    2016年02月15日
    エリア
    大分県別府市
    参考金額
    14,815円

    お電話されたお客様は、新しいガラスへの交換をご要望でしたが、縦と横の寸法がどれぐらいあるか、またどれぐらいの厚さになるのかまでは、ご存じないご様子でした。まずは一度ガラスを見てもらいたいとのことで、お客様の方でお見積りと交換の日程を決められました。ガラスを交換する場所は店舗の入口になり、種類はフロートガラスとのことでした。

  • 受付日
    2016年01月25日
    エリア
    大分県別府市
    参考金額
    20,000円

    ガラスの交換についてのご相談が寄せられました。こちらのお客様は戸建住宅にお住まいで、ご自宅のガラスサッシにはめられているガラスの交換費用について知りたいとのことでした。ガラスの種類はフロートガラスとのことで、ガラス交換の費用はいくらになるのか、お日にちの指定ありで見積りを希望されました。

  • 受付日
    2015年12月20日
    エリア
    大分県別府市
    参考金額
    13,889円

    ガラス交換の無料現地調査見積り依頼をお受けいたしました。お話によりますと、ご自宅の窓ガラスが破損してしまい、交換を検討しているとのことでした。ガラスの種類は柄入りガラスで、同じ柄ではなくても構わないというお話でした。おおよその寸法は、縦横共に1メートルで、こちらのお問い合わせの翌日に現地でのお見積りをご希望されていました。

  • 受付日
    2015年05月11日
    エリア
    大分県由布市
    参考金額
    15,000円

    倉庫内のガラス交換依頼をいただきました。お話によりますと、倉庫内に設置してある壁側のガラスが割れていたとのことでした。ガラスは型板ガラスで、寸法は縦900ミリメートル×横600ミリメートル、厚さは5ミリメートル以内とのこと。見積り希望日を複数挙げられていました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼