最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防音ガラスのメリットについて

ガラスは音に弱いイメージが強いと思います。
確かに大音量が響いたとき、ピリピリとガラスが震えるのはなんとなく想像できますよね。 大きな音にガラスが反応する現象は、難しい言葉で共振現象と言って科学的にも証明されており、根拠もあります。正確には、音が発した震動に反応します。ガラスが大音量に弱いのは本当のようです。
しかし最近、防音ガラスというのが登場し人気を集めているのはご存知でしょうか?防音対策を行う施設だけではなく、一般家庭やオフィスでも需要が高まっています。お子さんがまだ小さく、近所に迷惑をかけたくない方や楽器演奏が趣味の方、外の騒音を気にせず静かな空間でリラックスしたい方など……。皆さん理由は様々ですが、中も外もどちらの音も遮断してくれるのは普通に暮らしていても、嬉しいことですよね。
今回は防音ガラスの仕組みと、大きなメリットについて説明いたします。



子供とお母さん

そもそも防音ガラスって?


その名の通り、音を防ぐことのガラスのことを指しますが、一般的な透明のガラス……フロートガラスと何が違うのでしょうか?
防音ガラスは2枚以上のガラスを重ねて作られている、いわゆる複層ガラスであることが多いようです。複層ガラスは2枚のガラスの間に中間層を設けているガラスのことを指します。
大きな音は震動を発生させます。防音ガラスは震動を熱に変えて消滅させる効果があるのです。これにより、音は外を通り抜けらません。
最近は防音ガラスも各メーカー競うように開発・発売しており、より高度な防音効果のあるものや遮熱・断熱性に優れたものもあります。 高音が得意なものや、幅広い音域に適応しているものもあるようなのでご自分が気になる音によってメーカーや種類を選ぶこともできます。
楽器を演奏する方や、ペットを飼っている、お子さんがたくさんいるご家庭などは、防音精度の高いものにガラス交換することをおすすめします。

窓の防音対策をするためのポイント


一度気になるとずっと気になり、時には大きなストレスや対人トラブルにもなります。近隣の対人トラブルで挙げられることも多い騒音。人によってストレスや騒音に感じる音の性質や種類は違いますが、度が過ぎれば大半が騒音と感じ、メンタルに影響するようです。
声や音楽だけではありません。テレビ、近所の工事音、車やバイクのエンジン音など……。時間帯によっては、睡眠障害に及ぶこともあります。
窓の防音強度を上げたい!窓で防音対策が出来るなら、できるだけ防音精度を上げたいという方へのご提案として、内窓を取り付けるという方法があります。
防音ガラスも大切ですが、実はサッシの隙間を埋めることも大切です。サッシの隙間から音が漏れてくる・漏れるということも大きいのです。
既にある窓と重なるようにして、もう1枚、部屋の内側に窓をつけます。サッシも新しく取り付ける必要がありますが、これで防音精度は上がり、より快適なリラックス空間を手に入れることができます。

・二枚のガラスの間にできた空気がクッションになって音を漏れにくくする
・二枚のガラスで防音精度を上げられる
・サッシの隙間を埋められる

是非ガラス交換と共に、内窓を取り付けることもご検討ください。

オフィスや店舗にもおすすめです


▼オフィスで防音ガラスを使用するメリット

第一に企業機密を守ることができます。もし、個人情報を扱うようなオフィスであれば防音ガラスにガラス交換することを推奨します。
また、騒音による従業員のストレスを軽減、生産性を上げられることも期待されます。
コールセンターなど、電話の多いオフィスでは、顧客に外の音が聞こえてしまうことも防ぐことができます。
貸しオフィスビルのオーナーの方にもおすすめです。特に高層ビルの場合、近くを飛ぶ飛行機の音が気になってしまうという声も少なくありません。

▼店舗で防音ガラスを使用するメリット

オーナーをつとめる店舗が住宅街の近くにある場合はガラスを防音ガラスに交換された方が良いかもしれません。営業時間が長いところやアルコールを扱う飲食店などは特に、近隣の方からの騒音についてのクレームを防ぐことができます。
お店経営は近隣の方とのコミュニケーションと理解が必要ですが、迷惑をかけないことがなにより大切です。近くの飲食店から聞こえる声がうるさいという騒音トラブルはよく聞きますし、朝、遅い時間帯の営業で一番気を付けなくてはいけないところです。

ガラス

防音ガラスへの交換はプロにまかせましょう


快適な生活のために防音ガラスへの交換を希望している方、ガラス交換はガラスのプロにまかせましょう。ご自宅にガラスを取り寄せ、DIYで行うのは、はっきりとおすすめできません。ガラスがひび割れた際の応急処置などは自分でできる範囲だと思いますが、自分で取り外し、取り付けは大きなケガや重大な事故に繋がる可能性があるからです。
インターネットではDIYでのガラス交換方法もでてきますが割れてしまえば散らばり、手足などに刺さる危険がありますし、ガラスは決して軽くありませんから、重みでケガをする危険もあります。
特に行動が読めない小さなお子さんやペットのいるところなどは絶対にやめてください。
ガラス交換を安全に、確実に行うためにはガラス交換のプロにおまかせしましょう。希望や状況に合わせた防音ガラスの取り寄せも可能でしょうし、なによりケガなく行うことができます。

まとめ


いかがでしたか?
防音ガラスを使用するメリットは、家庭、オフィス、店舗問わずたくさんあります。プライバシーや、音から生じるストレス、たくさんのトラブルから守ってくれる防音ガラスは快適で風通しの良い人間関係にも必要だということがわかりました。
ガラスが割れてガラス交換や修理に出そうか迷っている方や、リフォームを考えている方、是非防音ガラスの導入も検討してみてください!

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼