宮崎県対応の弊社加盟店のご紹介

宮山サッシ硝子店
宮山サッシ硝子店は、宮崎県でガラスに関する業務を行っている会社になります。窓ガラスが自然に割れることもまれにおこる場合があります。例えば、熱割れというもの。これは直射日光などが当たっている部分の温度が上がる部分と直射日光が当たらず温度の変化のない部分が生まれることで、温度が上がっている部分は拡張しようとし、一方で温度の変化がない部分がその拡張を抑えようとする力が発生することにより、ガラスがその力に耐え切れなくなって割れてしまうという現象です。ですが、この現象を予防する方法もあります。一つ目は、窓ガラスに厚手のカーテンやブラインドや家具などを密着させて置かないこと。2つ目は、エアコンの室外機をガラス面に向けて設置しないこと。3つ目は、ガラスに色の濃い紙やフィルムを貼り付けないこと。最後に、ストーブの熱が直接当たらないように気をつけるなどです。これらのことに注意することで熱割れを防ぐことになります。
山元ガラス有限会社
山元ガラス有限会社は、ガラスに関するお困りごとを解決している会社です。賃貸などに住んでいる場合は何か破損してしまうと自分で直さなければいけない場合があります。窓ガラスが割れてしまった場合などもそうです。しかし、故意的に割れてしまった場合は仕方ないですが、窓ガラスというのは自然に割れてしまうことも稀におこります。例えば、網入りガラスの場合です。網入りガラスとは火災などの際にガラスが割れてその破片が飛び散らないようにガラスの中に金属製のワイヤーが入っているもののことです。この網入りガラスも自然に割れてしまうことがあります。中に入っているワイヤーは金属製なので当然時間が経つにつれてサビていき老朽化してきます。ワイヤーがサビてしまうことでワイヤーは膨張してしまい、その膨張に耐えられなくなったときにガラスが割れてしまいます。この現象の他にも自然にガラスが割れてしまう現象がおこることがあります。
本田ガラス店
本田ガラス店はガラスについて特化した企業です。ガラスの修理や交換などにも親身になって対応し続けてきました。ガラスは窓に限らず様々な場所で使われています。お風呂場にもガラスが使われている場合があります。日本ではお風呂やトイレが別々になっているのが一般的ですが、中には簡単な間仕切りがされているだけで、お風呂とトイレが一緒になっているというところもあります。この間仕切りに使われているのがガラスなのですが、誰かがシャワーを浴びている時にトイレを使いたくなってしまった人がいた時に、間仕切りが透明な状態なのが嫌だという方は非常に多くいらっしゃいます。そんなときにミストガラスのような視界を遮るガラスがあると便利です。ミストガラスは強い作りになっているものも多くあるため。お風呂でも安心して使うことが出来ます。本田ガラス店では様々なガラスを丁寧に提案してくれます。
宮崎県のガラス修理交換サービス

宮崎県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

宮崎県は、九州の南側に位置していて日本に上陸した台風の数が気象庁の調べによると1951年から2015年の27号台風までの中で、全国6位に位置する12個の台風のあおりを受けています。一方住宅設備の面から見ますと、総務省統計局の資料に、「二重サッシ又は複層ガラスの窓あり」の統計情報があり、ここに全国の各県の中でも宮崎県は、9.3%と低い割合となっています。北海道と東北地方は、気候がら寒さ対策として二重窓に交換するもしくは新築として2重窓を採用する傾向が高い方向にあるのです。自然災害としての台風が全国的にみても多い宮崎県は、台風に対する心がまえとして2重窓の採用推進が必要とされていると言えます。一般住宅だけでなく海岸線に近い工場施設、公共施設等の窓に2重窓対策しておくことは自然災害から未然に家屋・住居人を守るために2次災害を無くすことにもう少し配慮すべきであると言えます。災害が起こった後で、修理する費用を負担することより、前もって対策出来るガラス交換、新築時の2重窓採用こそ、転ばぬ先の杖と言えます。毎年夏の終わりから秋にかけてやってくる台風に対する策は、必要不可欠でありかつ最近の台風は、季節に関係なくやってくる場合も多くなっています。日本の気象条件が変わりつつあり、台風の巨大化も進行しています。ガラスの2重窓交換、修理をいち早く進める必要があるのが宮崎県であるとも各資料から推測できます。2重窓にすることで台風対策だけでなく付加価値として省電力化できることで夏のクーラーの効きを良くすることもできることと冬の暖房対策にもなります。これらを総合すると北海道や東北地方だけではなく、比較的暖かい地域に位置する宮崎県も2重窓普及率を上げるべきと結論できるのです。今の春前から夏前までの時期に必要設備として2重窓対策が急がれると考えられます。特に南風の強い方向にある窓ガラスは重要交換が必要とされます。災害後の修理より準備の方が得策と考えられます。

ガラス110番の宮崎県地域における対応エリアについて

  • 宮崎市
  • 都城市
  • 延岡市
  • 日南市
  • 小林市
  • 日向市
  • 串間市
  • 西都市
  • えびの市

宮崎県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年02月14日
    エリア
    宮崎県都城市
    参考金額
    8,000円

    ガラス交換のお見積りについて、お客様からご相談がありました。明確なガラスの種類はご不明のご様子でしたが、飾りガラスで少し曇っているというご報告をいただけました。また、場所は窓ガラスで寸法が縦160センチメートル×横50センチメートルのサイズであるということもお伝えいただきました。 その他見積り希望日につきましては、相談後に決めたいとのご要望でした。

  • 受付日
    2016年01月29日
    エリア
    宮崎県児湯郡新富町
    参考金額
    11,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様よりご相談いただきました。縦108センチメートル、横100センチメートルで厚さ3ミリメートルの窓ガラスが割れてしまったので、ガラス交換を依頼したいとのお話でした。ガラスの種類はフロートガラスで、見積り日のご希望があるようでしたので、お伝えいただきました。

  • 受付日
    2015年04月12日
    エリア
    宮崎県西都市
    参考金額
    12,963円

    戸建住宅にお住まいのお客様から、ご自宅のガラスが割れてしまい、早急に修理してほしいというご依頼がありました。詳しい内容は、まず即日対応が可能かどうかを折り返しのお電話にてご報告いただきたいということでした。ガラスの種類や現地の状況、その他寸法などにつきましては折り返しのお電話をいただけるまでの間に調べておくというご報告がありました。

  • 受付日
    2015年03月13日
    エリア
    宮崎県都城市
    参考金額
    12,037円

    戸建住宅の玄関ドアのガラス交換のご相談とお見積りをご依頼いただきました。使用されているガラスは網入りガラスで、縦800ミリメートル、横700ミリメートル、厚さ5ミリメートル位とのことでした。お電話でのご相談とお見積りを希望されており、相談してから日程を決めたいと仰せでした。

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼