宮城県対応の弊社加盟店のご紹介

オートファッションteru
オートファッションteruはガラスのご相談を伺い続けている企業です。ガラスには様々な種類がありますが、中には家のインテリアにこだわってデザインがしっかりされているガラスにしたいと言う方のも多いのではないでしょうか?ガラスに規則正しく模様が入っているものもあれば、わざわざ歪みを入れたり、色を入っているガラスを使うと、雰囲気がガラッと変わる場合があります。新築はもちろんですが、一度割れてしまった窓ガラスなどをこうしたデザインガラスに交換するというのも良い方法です。しかしこうしたものの中には耐熱性が無いものも多く、火災になった際に熱で粉砕して飛び散ってしまう危険があります。どんなガラスが適しているかをよく考えてデザインガラスを使用することが大切です。ガラスの知識を持ったオートファッションteruは皆様のガラスに関するお困りごとに対応出来るよう常に努力を続けています。
便利屋スズキ
便利屋スズキはお客様のガラスに関するお問い合わせにも幅広く対応してきた企業です。近年強化ガラスというものが一般的に普及しています。強化ガラスは熱した後急激には冷やされたり、イオン交換工法などで頑丈に作られ、普通のガラスに比べて3倍から5倍もの耐久性を持っていますので、滅多なことではなかなか割れません。よく車のガラスやビルの窓に採用されているのがこの強化ガラスですが、どうしてこのような場所に使われているのでしょうか?その理由は割れ方です。強化ガラスは粒状に割れるため、大きな破片が飛散してガラスが割れたりすることもありません。ドライバーも大きな建物のそばにいる人も事故や地震などでガラスのせいで怪我をする人を少なくできます。こうしたガラスに関する知識を持って便利屋スズキは丁寧に対処してくれますので、ガラスについての違いが分からず選べないという方にもご安心頂けます。
堀越サッシ工業
堀越サッシ工業はガラスのトラブルに迅速にに対応し、お客様から多大な信頼を集めてきた頼りになる企業です。普通のガラス、いわゆるフロート版ガラスは、熱や圧力などで時に簡単に割れてしまう場合があります。そのため、火災などがあった際に急激に熱が伝わり過ぎて割れてしまうことがあるのです。これを防ぐために網入りガラスというものがあります。万一割れてしまっても、中の網がガラスの飛散を食い止めてくれるのです。マンションなどの集合住宅はもちろんですが、様々な施設でこうしたガラスが採用されています。網入りガラスの中に入っている網は金属で出来ていますが、金属の方がガラスよりも熱伝導が早いため、何もしていなくても割れてしまうことがあります。このようなガラストラブルにも堀越サッシ工業はしっかりと対応してくれますので、お客様にもきっとご満足頂けます。
宮城県のガラス修理交換サービス

宮城県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

宮城県は、特に県北を中心に冬には雪が降り積もります。もちろん、気温も朝方には氷点下を下回る日が続き、防寒対策が欠かせない地域です。そんな宮城県ですが、石油ストーブやエアコンでの寒さ対策はほとんどの家庭でしているのですが、「二重サッシ」や「複層ガラス」など、「窓」に関する防寒をしている住宅の割合は、全体のおよそ30%にとどまっています。ちなみに、どちらも同じもののように思えるのですが、「二重サッシ」というのは、既存の窓の内側に新たにサッシを工事によって増設するものです。窓を二重にすることによって、外からの冷気をシャットアウトし、高い断熱効果を得ることができます。さらに、二重にすることによって、防音の効果もありますし、窓枠を樹脂にすれば、結露を防ぐこともできます。また、「複層ガラス」は、基本的には既存のガラスを交換するだけで済みます。そのため、二重サッシに比べると、比較的お掃除が簡単です。そして、2枚のガラスの間に乾いた空気が含まれているので、部屋の中で暖まった空気が逃げにくくなります。また、間に空気が入っているので、音を吸収して防音の効果も期待できるのです。さらに、最近では防犯対策のできるものもあり、衝撃に強いので従来のものよりも割れにくく、割れてしまったとしても破片が飛び散らないのが特徴です。ちなみに、もしもヒビが入ってしまったとき、サッシの調子が悪いというときには、防寒・防犯の面でもデメリットが大きいので、そのままにしておかないで、すぐに宮城県内の近くのガラス店に修理や交換の相談をしましょう。この時に、もしもまだ窓の防寒対策をしていない住宅なのであれば、これを機に防寒対策のできる窓ガラスに交換や修理を依頼してみるのも良いかもしれません。ちなみに、修理できるようなお店がどこにあるか把握していないという人は、万が一のときのために調べておいて連絡先を控えておくと安心です。

ガラス110番の宮城県地域における対応エリアについて

  • 仙台市青葉区
  • 仙台市宮城野区
  • 仙台市若林区
  • 仙台市太白区
  • 仙台市泉区
  • 石巻市
  • 塩竈市
  • 気仙沼市
  • 白石市
  • 名取市
  • 角田市
  • 多賀城市
  • 岩沼市
  • 登米市
  • 栗原市
  • 東松島市
  • 大崎市

宮城県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年05月30日
    エリア
    宮城県宮城郡利府町
    参考金額
    12,963円

    戸建住宅にお住まいのお客様より、ガラス交換についてのご連絡をいただきました。ご自宅にあるでこぼことした透明のドアガラスが割れてしまったため、交換してほしいというご相談内容でした。ガラスの寸法は縦1,800ミリメートル×横450ミリメートルだという情報をお伝えいただきました。ガラス交換の施工日につきましては、お客様ご指定の日程を希望されておりました。

  • 受付日
    2016年04月20日
    エリア
    宮城県多賀城市
    参考金額
    11,000円

    浴室の窓ガラスについてのご相談を承りました。お客様からいただいた情報では、ガラスの種類はすりガラスで縦47センチメートル、横34センチメートル。厚さは3ミリメートルとの情報をいただきました。お客様はガラス交換を希望されており、すぐに見積りを出してほしいとおっしゃいました。

  • 受付日
    2016年04月17日
    エリア
    宮城県大崎市
    参考金額
    12,963円

    戸建住宅にお住まいのお客様から、ガラスが割れてしまったため交換したいとのご相談をいただきました。ガラス交換を希望されているのは洗面所のドアで、ガラスの種類はすりガラスだとおっしゃいました。寸法は縦1.620ミリメートル、横400ミリメートル、厚さは不明とのこと。見積りや施工日などは今後、相談をして決めていきたいと希望されておりました。

  • 受付日
    2016年02月04日
    エリア
    宮城県栗原市
    参考金額
    15,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様から、ガラス修理の見積り依頼が寄せられました。種類はたぶんすりガラスとのこと。寸法については、折り返しのお電話が掛かった際に伝えるとのお話でした。また、実際に対応をしてもらうかどうかは、見積り金額次第とのことでした。

  • 受付日
    2015年02月28日
    エリア
    宮城県塩竈市
    参考金額
    15,000円

    工場にて、アルミサッシに取り付けられていたガラスが割れてしまったとのご連絡がありました。ガラスは網入りの型板ガラスを使っていて、縦が1メートル、横が80センチメートルの寸法で、厚さは6.8ミリメートルということでした。見積りは早めを望まれました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼