川崎市対応の弊社加盟店のご紹介

マサキホーム株式会社
神奈川県でガラスの修理などで困っている方を助けている会社がマサキホーム株式会社です。ガラスは思わぬ時に割れてしまうもので、中には何もしていないのに割れてしまったなんて事も起こります。ガラスは割れてしまうと大変危険ですので、もし割れてしまった場合は十分に注意しなければいけません。特に台風の季節になるとガラスが割れる事が多くなります。強風による圧力だけでなく、その強風で飛ばされてきた飛来物の激突が原因になることもあります。台風のような自然災害は防ぎようがありませんが、台風によってもたらされる二次災害は可能な限り防ぎたいところです。台風による二次災害で最も注意しなければいけないのが、ガラスが割れることにより怪我をしてしまうことです。今ある窓にフィルムを貼るだけでも十分に効果があるので、それなら料金もさほどかかりませんので一度相談してみる価値はあると思います。
正硝
正硝は、長崎県のガラス修理などで活躍している会社の内の一つです。ガラスは台風などの自然災害で割れる事がよくあり、風速30mを越えるような風の力が加わるとそれだけで割れてしまうものです。台風などでガラスが割れてしまうと、二次災害としてその破片で怪我をしてしまう事があります。火災や地震が発生した場合もガラスは割れてしまいます。そうなってしまうと避難する際に踏んだりして怪我をしてしまい大変危険ですので、寝室やリビングなどのよく使用する部屋の窓は対策を立てておいたほうがいいでしょう。小さいお子様がいる家庭ですと出来れば手が届く範囲のガラスは強化しておいたほうがいいかもしれません。ガラスごと交換となると枚数しだいでは大変な金額になるのでフィルムなどで安くすませる方法もあります。正硝は迅速丁寧に対応してくれる会社ですので覚えておいてもいいかもしれません。
株式会社櫻場建設
株式会社櫻場建設は新築からリフォームまで住宅に関することなら何でも対応してくれる会社で、日本の伝統建築を15年修行した知識と経験で職人魂を持って取り掛かってくれる会社です。建築に欠かせないガラスについての知識も高く、ガラスの種類は沢山ありますが、その知識を持って適切なガラスを提案してくれることでしょう。ガラスというのは普段の生活をしているだけでは中々割れたりするものではありませんが、ふとした瞬間に割れてしまうものです。また、台風などの自然災害で特に気をつけなければいけないのがガラスが割れて怪我をしてしまう二次災害です。台風でガラスが割れてしまうと、ガラスの破片もそうですが、部屋の中が雨で濡れ電化製品は使い物にならなくなってしまい更に被害は広がってしまいます。今では割れても破片が飛び散らないガラスもありますし、特殊なフィルムを貼ることで割れても破片が飛び散らないようにするものもありますので、普通のガラスでは心配な方は交換するのがオススメです。
川崎市のガラス修理交換サービス

川崎市のガラス割れ対策について

川崎市は、東京湾に面しており、1年を通して比較的温暖な気候ですが、夏の気温は高く、平成25年の8月の平均気温は28.4度と、厳しい暑さとなっています。また、地震も比較的多く、川崎市川崎区の場合、2005年から2015年までの10年間に532回の地震があり、そのうち震度3以上の地震は54回あったとされています。こうしたことから、川崎市でガラスの交換や修理を行う場合には、潮風の影響のほか、夏の厳しい暑さ、地震に対する耐久性を備えた硝子を選ぶことが求められるといえます。また、川崎市の場合、都市部に多い空き巣も頻発していますので、防犯効果にも着目して商品を選ぶ必要があります。川崎市では、硝子交換や修理に迅速に対応してもらえる業者が豊富にあります。修理や交換の際に、専門の業者に耐久性の高い商品選びについてアドバイスを求めることをおすすめします。暑さ対策には、複層ガラスを採り入れると断熱効果が高いため、冷房や暖房の効果が高くなります。また、冬の寒い時期の結露を防ぐのにも効果的です。また、防犯効果を高めるために、防犯フィルムを貼る方法もあります。フィルムが貼ってあることで、破壊するまでにかかる時間を長くすることができますので、侵入を防ぐ効果が高くなります。さらに、防犯効果のほか、地震などの衝撃に高い効果を発揮するのが、合わせガラスです。2枚のガラスの間に樹脂の膜がありますので、窓を破って侵入しようとしても、樹脂膜の裏側まではなかなか破ることができないため、とても防犯効果が高くなります。また、地震の際の衝撃でも簡単には割れませんので、揺れによる破壊で破片で怪我をしてしまうリスクを減らすことができます。性能の高いガラスほど価格も高くなる傾向にありますので、設置場所や目的に応じて性能を使い分けると効果的です。例えば、侵入されやすく、地震などで割れると被害が大きくなる庭に面した大きな窓には、合わせガラスを採り入れると、安心感が高まります。

川崎市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年06月05日
    エリア
    神奈川県川崎市川崎区
    参考金額
    20,000円

    ガラス交換のご依頼をいただきました。割れてしまったのは戸建住宅の玄関のガラスで、上が白色で下にいくにつれてだんだん透明になるグラデーションのガラスとのことでしたが、交換後はすりガラスでもよいとのお話でした。ガラスの寸法は縦80センチメートル、横50センチメートル、厚さは2ミリメートルとのことでした。施工についてお客様のご希望日がありました。

  • 受付日
    2016年05月07日
    エリア
    神奈川県川崎市宮前区
    参考金額
    18,000円

    ガラス交換を希望されるお客様からお問い合わせをいただきました。固定電話優先で連絡してくださいとご要望いただきました。対象となるガラスの種類はフロートガラスで、交換位置はリビングのドアガラスとのこと。寸法は縦15センチメートルから16センチメートル×横55センチメートル。お見積り希望日は相談の上決めていきたいとのことでした。

  • 受付日
    2016年03月03日
    エリア
    神奈川県川崎市多摩区
    参考金額
    17,000円

    店舗様より窓ガラスが割れてしまったため、修理と無料の見積り希望だというご連絡をいただきました。割れたガラスはフロートガラスで、縦300ミリメートル×横800ミリメートル、厚さ5ミリメートルだとお伝えいただきました。まずは電話にて見積りをお願いしたいとおっしゃっており、指定の日時までに折り返しの連絡がほしいと希望されておりました。

  • 受付日
    2015年11月21日
    エリア
    神奈川県川崎市麻生区
    参考金額
    20,000円

    浴室の扉のガラスについてのお問い合わせが寄せられました。こちらのお客様は分譲住宅に住んでおり、浴室の扉のガラスの交換対応をしてほしいとのことでした。ガラスの縦の長さは1メートルで横は60センチメートル。見積り希望日についてはあらかじめご指定していただきました。

  • 受付日
    2015年01月12日
    エリア
    神奈川県川崎市麻生区
    参考金額
    12,000円

    ガラスの修理または交換の見積りをしてほしいというご依頼がありました。対象となるガラスの種類はすりガラスで、施工位置は窓ガラスとお伝えいただきました。寸法は縦1,060ミリメートル×横237ミリメートルで、厚さは4ミリメートルとのことでした。お見積り希望日は電話相談を進めながら決めていきたいとお伝えいただきました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼