鹿児島市対応の弊社加盟店のご紹介

テタカオート
テタカオートはお客様のご要望に丁寧に対応しつづけ、地域のお客様に信頼される企業です。ガラスというとどのようなイメージがありますか?透明で、遠くまで見渡すことが出来て、光をたくさん取り込める、というのが一般的なイメージでしょう。しかしその反面でプライバシーを外へさらけ出してしまうといった欠点もあります。そうした時に便利なのが型板ガラスです。ガラスを作る段階でガラス素版を引き出す時に型板に模様を施したり、不透明にしたもののことを言います。光が入り過ぎてしまうという問題や、プライバシーが外に出過ぎてしまうといった問題も不透明なガラスであれば解決することが出来ます。テタカオートはガラスに対する悩みにしっかりと対応してくれる頼もしい存在です。状況に応じて最高のガラスを提案してくれるため、お客様にもご安心頂けるでしょう。
ワークショップ鹿児島
ワークショップ鹿児島はお客様の快適な暮らしを守り続けている企業です。ガラスには様々な種類がありますが、それぞれ場所に応じて適切なものを使用しなくてはなりません。ガラスは熱を加えると割れてしまうことがあり、火災などでガラスに炎の熱が当たると、これが原因で破損してガラス片が道路などを歩いている人のところに直撃してしまう恐れがあります。これを防いでくれるのが網入りガラスです。網入りガラスは破損した際にガラスの破片が飛散することが無いようにしてくれます。その他にも延焼を防ぐことが出来るというメリットもあるため、ビルなどでも採用されています。このようにガラスは場所に応じたものを使用することで、人の命を守ることも出来ます。ワークショップ鹿児島は生活の安全を守るために最適な提案をしてくれます。頑張り屋な企業ですので任せて安心です。
福田ガラス工業
福田ガラス工業はガラスに対するお困りごとに素早く対応し続ける企業です。ガラスというとどうしても窓ガラスを思い浮かべますが、それ以外にも様々な場所で使われています。例えばテーブルの天板をガラスにしているという方も多いのではないでしょうか?薄くするほど値段は安いものの、割れやすくなってしまうため、お子さまのいるご家庭では非常に危険です。そのため、テーブルの天板に使うガラスは強化ガラスがおすすめです。強化ガラスはフロートガラスに比べて3倍から5倍ぼど割れにくくなっており、万一割れても粉々に割れるため、破片で手を切ってしまうこともありません。もちろんフロートガラスでもテーブルの天板にすることは出来るのですが、安全を考えるならやはり強化ガラスでしょう。福田ガラス工業はガラスに対しての深い知識で親切に対応してくれます。
鹿児島市のガラス修理交換サービス

鹿児島市のガラス割れ対策について

鹿児島市は温暖な都市として知られており、年平均気温は18度となっています。気候を反映して、県内の住宅における二重窓ガラスの普及率は低いのが現状です。総務省統計局のデータによると、鹿児島県は二重サッシまたは複層ガラスの普及率が、沖縄県に次いで低い9.0%にとどまっています。普及率が高いのは北海道や東北、北陸地方など、冬の気候が厳しい寒冷地なのですから、九州地方の中でも最も南に位置する鹿児島県の普及率が低いのも当然と言えるでしょう。とは言え、二重サッシ等の効果は防寒対策や結露防止だけとは限りません。夏の暑さ対策としても注目すべき性能を持っています。二枚のガラスの間にガスを入れたり真空にしたりして断熱効果を高めているため、外の気温が高いときでも室温を低く維持できるのです。そのため冷房効率も向上し、家計の節約になります。窓に断熱フィルム等を貼り付けてもある程度の効果はありますが、二重サッシには及びません。鹿児島市は年間の真夏日が平均で約80日、夏日も約160日に達していますので、窓の暑さ対策は有効です。二重サッシや複層ガラスにすることで、自動車等の防音効果も期待できます。また防犯対策に優れた合わせガラスと交換するのも、選択肢として検討に値します。これは泥棒が侵入しようとしても割れにくく、割れても硝子破片が飛び散らない製品です。泥棒の侵入に限らず、日常生活のトラブルで破損した窓やサッシを修理・交換する際に、施工業者を選ぶポイントにはいくつか挙げられます。料金ばかりでなく、修理の依頼に対して迅速に対応してくれるかどうか、アフターサービスは万全か、といった点も考慮すべきです。鹿児島市にはガラスの修理や交換を受け持つ業者さんも数多く存在しますが、以上のようなポイントを押さえて依頼先を選べば後悔しないでしょう。全国に加盟店を持つサービスなので、インターネットでサービス内容を知ることができるので安心です。

鹿児島市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年02月26日
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    10,370円

    賃貸マンションベランダのガラスが割れてしまったため、交換をご希望されているお客様よりご連絡がありました。ガラスの寸法は不明ということでしたが、厚さは2~3ミリメートルで種類はすりガラスとのこと。交換を依頼すると費用がいくらになるのか、見積りを依頼したいというご要望でした。見積り日程は、最短での対応をご希望されておりました。

  • 受付日
    2015年12月06日
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    17,222円

    縦1.800ミリメートル×横650ミリメートルくらいのガラス1枚と、縦560ミリメートル×800ミリメートルのガラス1枚、合計2枚のガラスが割れてしまったので、交換をお願いしたいとのお問い合わせがありました。お客様が交換を希望されているのは、網なしのすりガラスとのこと。また、お客様は賃貸住宅にお住まいだそうですが、大家さんに連絡しようとしたが休みだったので、連絡が取れていないとおっしゃいました。

  • 受付日
    2015年11月23日
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    11,000円

    ご自宅ベランダのガラス修理についてのお問い合わせをいただきました。ベランダのフロートガラスが割れてしまったということで、すぐに修理をお願いしたいという旨のご相談を承りました。ガラスの寸法は縦67センチメートル、横77センチメートルで厚さは3ミリメートルとのこと。見積りのお日にちは早めに対応してほしいとお急ぎのご様子でした。

  • 受付日
    2015年10月07日
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    15,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様からガラス交換のお問い合わせをいただきました。交換をご希望されていたのは、ご自宅窓のガラスで、詳細なサイズは不明とのことでしたが、およそ畳半畳ほどの大きさとのことでした。また、ガラスの厚みもわからないとおっしゃいました。まずは、現場スタッフと相談して見積りの日程を決めることを望まれました。

  • 受付日
    2015年09月20日
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    12,000円

    ガラス交換を希望されるお客様からお問い合わせをいただきました。対象となるガラスの種類は型板ガラスで、交換位置は縁側についているような引戸のガラスとのことでした。寸法は縦77センチメートル、横59センチメートルで、厚さは3ミリメートルとお伝えいただきました。お見積り希望日は電話相談を進めながら決めていきたいとのことでした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼