北海道対応の弊社加盟店のご紹介

Kサッシ工業株式会社
Kサッシ工業株式会社は、北海道に拠点を置くガラス修理やサッシの交換などを主に行っている施工業者です。北海道の自然環境は、ご存知の通りとても厳しい環境です。それは人にとってもそうですが、ガラスにとってもそうであったりします。ガラスは急激な温度変化に弱く、110℃以下であっても急激に冷やしたり、冷えたガラスに熱湯などの温度の高いものがあたってしまうと割れてしまいます。冬の大地ではガラスが割れてしまうことがよくあります。積雪によって圧力がかかってガラスが割れてしまうということもしばしばです。割れてしまってから交換では遅い場合もあるので早急に対策を考えるということも必要です。そして割れてしまったとしても、業者に依頼して早急に交換や対処をすることをお勧めします。きっとそんなガラスで困ってしまった場合の強い味方となってくれることと思います。
RKサービス
RKサービスは車の板金に加え、ガラスの補修や住宅においての施工も手掛けているマルチな施工業者です。本拠地を北海道に置き、広く活躍している業者です。年末年始やお盆など帰省の際に、高速道路をお使いになる方も多いと思いますが、高速道路ではねた石がフロントガラスに当たってしまって、小さなヒビが入ってしまったという人がとても多いです。小さなヒビと思ってしまっていると大変なことになります。その小さな日々から大きなヒビへと広がっていき、最終的には走行中に粉々に割れてしまうという可能性も決して低いわけではありません。そんなことにならないためにも、早めに対処しなければいけませんが、慣れない私たちがDIYで行ってしまうのは危険です。ガラスはもろく扱いづらくデリケートなものなのです。安易に自分で直そうとするのではなく業者に依頼しましょう。必ずや力になってくれることと思います。
カワバタ総合修理サービス
カワバタ総合修理サービスは、北海道に拠点を置く住宅施工会社です。主に扉関係の施工、防犯補修や防犯施工にも力を入れています。「ガラスが割れてしまったからそのまま防犯ガラスに変えてほしい」という人を中心に施工している業者です。防犯ガラスは普通のガラスと違ってかなり強固なものです。普通のガラスはちょっとした衝撃や傷から大きく破損してしまったり、強い熱や温度変化に弱いものなので、割とすぐに割れてしまう可能性が非常に高いものです。近年では防犯意識も高まってきたせいか、住宅建築の際に防犯ガラスをそのまま導入していくということも多くあるようです。欧米では建築・交換・補修時に防弾ガラスに変えることもあるようです。日本ではあまり関係ありませんが、防犯意識の高さはうかがえます。一度自宅のガラスが防犯対応になっているかを診断という形で調べてみるのも良いかもしれません。
北海道のガラス修理交換サービス

北海道の二重窓ガラス普及率は?その効果について

北海道はご存知の通り日本で最も北に位置し、冬になると非常に冷える地域です。日本は世界の中で見ると温暖湿潤気候と呼ばれる場所に位置していますが、北海道と本州の一部は亜寒帯湿潤気候と呼ばれる場所に位置しており、冬場は最高でも氷点下を下回る気温になることが多く、平均気温で見た場合でも10℃を下回る時期が1年の半分を占める冬の長い地域です。その気候のせいもあり、北海道の建物の多くが防寒対策をしています。例えば複層ガラスの使用率は北海道が日本で最も多く、83%もの住宅が複層ガラスを使用しているというデータがあります。 複層ガラスの特徴はガラスを重ね合わせてガラスとガラスの間に空気の層を作り、外の熱が中に伝わらないようになっています。近年は複層ガラスの研究が進み、ガラスの間の層を真空状態にすることでさらに強い断熱効果を発揮するということが分かり、製品化されたものが広く市場に出ています。 本州で一般的に使われている窓ガラスやアルミサッシは断熱性が低いので、窓ガラスにフィルムを貼るなどの対策が必要です。 近年、地球温暖化の影響で寒暖差がますます激しくなっていますので、断熱性の高い窓ガラスに交換することは暮らしやすさを守ることにも繋がります。 また複層ガラス以外にも、合わせガラスというフィルムを中に挟み込んで、防犯効果を高めるものや、防音効果のあるものも登場していますので、こうしたガラスに交換するのもおすすめです。 ここまで様々な機能がプラスされたガラスですが、ヒビが入ったままではせっかくガラスの効果も激減してしまいます。ヒビが入ってしまったという場合は早めにガラス修理を行っておく必要があります。また、今まで使っていた古いガラスを修理したいという場合は思いきって新しい断熱性の高いガラスに交換してみても良いかもしれません。 家の断熱性が上がることで、結露などのお悩みが解消されることもあり、思わぬ効果を生み出すことがあるかもしれません。

ガラス110番の北海道地域における対応エリアについて

  • 札幌市
  • 函館市
  • 小樽市
  • 旭川市
  • 室蘭市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 北見市
  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 網走市
  • 留萌市
  • 苫小牧市
  • 稚内市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 江別市
  • 赤平市
  • 紋別市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 根室市
  • 千歳市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 富良野市
  • 登別市
  • 恵庭市
  • 伊達市
  • 北広島市
  • 石狩市
  • 北斗市

北海道エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年06月12日
    エリア
    北海道苫小牧市
    参考金額
    10,000円

    ガラスのことでお困りになっているお客様からご相談が寄せられました。お話によりますと、リビングにある窓ガラスが割れて困っているので交換をしてほしいとのことでした。ガラスの寸法については、まだ計測していないためわからないとのこと。交換にかかるおおよその料金を知りたいとおっしゃっており、施工に関しては希望日がありました。

  • 受付日
    2016年05月27日
    エリア
    北海道北斗市
    参考金額
    11,111円

    玄関の扉に取り付けられていたガラスについて、修理・交換のご相談がありました。ご自宅の玄関扉に取り付けられていたガラスの修理・交換が必要になったとのことで、寸法は縦が7.9センチメートル、横が4.7センチメートルで、厚さは2ミリメートルのすりガラスが修理・交換対象とお伝えいただきました。施工の日時については、お客様からご希望がありました。

  • 受付日
    2016年05月16日
    エリア
    北海道砂川市
    参考金額
    12,000円

    ガラスが割れてしまったため、ガラス修理を希望されているお客様からご相談が寄せられました。割れたのは玄関のガラスが2枚とのこと。ガラスの寸法は縦900ミリメートル、横880ミリメートルが1枚と縦700ミリメートルと横650ミリメートルが1枚、2枚とも厚さ3ミリメートルとのことでした。見積りの希望日は相談して決めたいと希望されていました。

  • 受付日
    2016年05月14日
    エリア
    北海道苫小牧市
    参考金額
    16,000円

    戸建住宅にお住まいのお客様より、ガラスの交換のご相談をいただきました。窓ガラスの種類はすりガラス、寸法は縦120センチメートル、横18センチメートル、厚さは2~3ミリメートルとのことでした。見積りのお日にちについては、お電話での相談後の決定を考えられているとのお話でした。まずは、折り返しのお電話の日時をお決めいただきました。

  • 受付日
    2016年05月10日
    エリア
    北海道岩見沢市
    参考金額
    10,000円

    賃貸住宅にお住まいのお客様からガラスの交換をしてほしいとのお電話をいただきました。ガラスの場所は玄関で、模様入りのすりガラスとのこと。交換する際は、ガラスの模様にはこだわらないとおっしゃいました。見積りに関しては、最短の日程でお願いしたいとのことでした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼