福島県対応の弊社加盟店のご紹介

シンセイ産業
シンセイ産業は特にガラスフィルムに特化した企業です。ガラスフィルムというとどのようなことを思い浮かべますか?よく携帯電話の画面表面に貼るフィルムが販売されていますが、ガラスフィルムはそれを窓に施すようなもので、様々な効果を持つ様々なフィルムがあります。例えば紫外線をカットしてくれる、女性に嬉しいガラスフィルムもあります。他にも割れたガラスが飛び散らないようにしてくれるフィルムもあります。万一割れても飛び散らないだけでなく、窓からの不正侵入者を防ぐといった役割もありますので、安全面や防犯面で気になる点があると言う方はこうしたフィルムを利用してみても良いのではないでしょうか?。最近ではデザインを自由に選ぶことが出来るガラスフィルムも登場しており、部屋の雰囲気を手軽に変えたいという方にもおすすめしております。シンセイ産業は新しいガラスフィルムをお考えの方に親身になって対応してくれます。
M’s
M’sは皆様の快適な暮らしをガラスを通してお守りしている企業です。普段私達が目にするガラスには様々な種類がありますが、よく目にする一般的なガラスはフロートガラスと呼ばれており、一点を集中的に圧迫されたりすることによって割れやすいという弱点を持っています。ガラスは引っ張る力に弱いため、圧力がかかるとかかった方とは反対側の部分が引っ張られガラスが割れてしまうのです。ガラスは割れると先端や断面が鋭利になり、触って怪我をしてしまいますので注意が必要です。片付ける際にはスリッパなどを履いて足の裏を守りながら、大きな破片から取り除き、その後出来るだけ広い範囲をほうきで掃いたり、掃除機をかけるなどして破片が部屋に残らないように注意します。もしもガラス割れて困ってしまっても、M’sはすぐに駆けつけてくれます。お客様のご要望を丁寧に聞き取り、適切に対処してくれる、誠実な企業ですのでお客様にもご安心頂けます。
円谷商会
円谷商会はガラス修理に素早く対処してくれる頼りになる企業です。家の防犯性が気になる時に有効なのは防犯ガラスの取り付けですが、「うちは強化ガラスだから大丈夫」と思っている方は要注意です。強化ガラスは一般的なガラスに比べて3倍から5倍も割れにくいと言われています。しかし強化ガラスは割れないというわけではありません。割れる時は粉々になって割れます。万一割れても大きな破片が飛ぶことが無いので安全だということで建物に採用されているほどです。そのため防犯を考えるなら、防犯ガラスがおすすめです。防犯ガラスは万一ガラスの表面が割れてしまっても飛び散ることはなく、そのまま窓枠にひっついています。強化ガラスだから大丈夫と思い込まず、この機会に是非防犯ガラスに変更してみてはいかがでしょうか?円谷商会はガラス修理をお考えの方のために力になってくれます。
福島県のガラス修理交換サービス

福島県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

福島県は、東北地方の中では南に位置しますが、夏はあたたかく冬は寒い地域です。そのため、冬になれば石油ストーブや炬燵、除雪車などが活躍します。また、エアコンの稼働率も上がるため、電気代もかさむ時期です。ちなみに、福島県の中通りは特に雪が積もりやすく、県内でも特に寒さ対策が必要な地域といえます。そんな福島県の窓事情ですが、あるデータによると断熱効果の高い「二重サッシ」や「複層ガラス」の普及率は、およそ2割程度にとどまっているといわれています。そもそも、言葉だけ聞くと、どちらも同じもののように思えるのですが、実際には性能や効果が異なります。まず、「二重サッシ」は、通常の窓の内側にもうひとつ窓を設置するようなイメージです。二重にすることによって、防音効果も得られます。また、窓枠を樹脂にすることによって、結露を防ぐことが可能です。ちなみに、比較的あたたかい地域で使われることが多く、一番のメリットは熱が逃げにくくなるので、断熱効果が期待できるという点です。それに対して、「複層ガラス」というのは、二枚のガラスの間に水分を含まない乾燥した空気を入れたものです。空気を間に入れることによって、熱が逃げにくくなり、二重サッシと同様に断熱効果があります。また、複層ガラスの場合、見た目が変わらないのでインテリアにこだわりたい人にもおすすめです。次に、修理や交換についてですが、二重サッシの場合、窓の枠組みの範囲内であれば、いつでも取り付けが可能です。複層ガラスは、今使っているものと厚さが同じであれば、その交換のみで良いのですが、厚さが大きく変わる場合には、隙間ができてしまうのを防ぐために、サッシごとの交換が必要です。最後に、破損してしまい修理が必要なときや、防犯対策を見直したいとき、二重サッシや複層ガラスに交換したいという場合には、修理や交換の依頼が可能な業者を日頃からチェックしておくことを推奨します。現在まだ見つかっていないというかたは是非ガラス110番をご利用ください。

ガラス110番の福島県地域における対応エリアについて

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
  • 田村市
  • 南相馬市
  • 本宮市

福島県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年05月26日
    エリア
    福島県いわき市
    参考金額
    8,333円

    戸建住宅にお住まいの方から、ガラス交換のご依頼がありました。割れてしまったのは窓ガラスで、寸法は縦が1.5メートル、横が1メートル、厚さは不明のフロートガラスを使っていたとのことでした。ガラス交換に際してはお見積りを望まれていて、日時はお客様からご希望をいただきました。

  • 受付日
    2016年05月01日
    エリア
    福島県相馬市
    参考金額
    9,259円

    賃貸物件にお住まいの方より、ガラス修理の相談依頼のお電話をいただきました。お話によりますと、窓ガラスにひびが入っており、割れて危ないため修理か交換に踏み切りたいとのことでした。ひびが入ったのは窓ガラスで、下の方はすりガラスで上の方はフロートガラスとお伝えいただきました。寸法は縦165センチメートル×横80センチメートル、厚さは3ミリメートルで、ガラス交換に不安を抱かれており、お見積りの前にまず相談に乗ってほしいとご希望されていました。

  • 受付日
    2016年04月08日
    エリア
    福島県郡山市
    参考金額
    9,259円

    ご自宅のガラスが割れてしまったお客様より、ガラスの交換のご依頼についてのご相談を頂戴いたしました。割れてしまったのは室内扉の格子状の枠がついたガラス部分とのこと。ガラスの種類はすりガラスで、寸法が縦17 7.5センチメートル、横114センチメートル。お見積りの日程は、お客様から希望日を指定していただきました。

  • 受付日
    2016年03月13日
    エリア
    福島県いわき市
    参考金額
    15,740円

    こちらのお客様からは、2枚のガラスの交換見積り依頼が寄せられました。ガラスの内訳はフロートガラス1枚とすりガラス1枚で、どちらも玄関にはめられているとのこと。フロートガラスの寸法は縦180センチメートル×横70センチメートル、すりガラスの寸法は縦110センチメートル×横20センチメートル。どちらも厚さは3ミリメートル程度とのことでした。お見積りのお日にちは、希望があるようでした。

  • 受付日
    2016年03月02日
    エリア
    福島県いわき市
    参考金額
    11,111円

    複数ヶ所のガラス交換についての相談をお受けしました。こちらのお客様は賃貸住宅にお住まいで、窓にあるフロートガラスとすりガラスの交換についてのご相談でした。寸法は縦横それぞれ、840ミリメートル×700ミリメートル、800ミリメートル×600ミリメートル、とのことで、お客様はこちらのガラスを交換するにあたり、費用がどのくらいかかるのか、費用見積りを希望されました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼