ガラスの割れる時期や割れる原因

「気を付けて!」謎のガラス割れの原因はこれだった!

私たちが暮らす住宅の大多数には、ガラスが設置されています。ガラスが割れる原因は、故意に割る、ぶつけるなどの強い衝撃を与えると割れてしまう印象が強いですが、それ以外にも割れてしまうケースがあります。例えば、暑い日に涼しくなってから自宅に帰ると、突然ガラスが割れていたという経験はありませんか?この様に自分で衝撃を与えていなくてもガラスが割れてしまう原因とは何なのか、ご紹介していきます。

「気を付けて!」謎のガラス割れの原因はこれだった!

ガラスが割れる原因は様々です

ガラスが割れてしまう原因として、様々なことが考えられます。時には、予想していないような原因で割れてしまうこともあり、「ガラスが勝手に割れてしまった」と感じる場合もあるようです。しかし、何かガラスが割れる原因があるのです。次に、ガラスが割れてしまう原因にはどのようなものがあるのか紹介していきますので、思い当たるフシはないか確認してみましょう。

ガラスが割れてしまう原因とは

ガラスが割れる原因には、強い衝撃を与える以外にも温度差や劣化といった事が関係していることがあります。また、自分が知らない間にガラスに強い衝撃が加わっていることもあるのです。

  • 経年劣化

    どんなに頑丈で綺麗なガラスでも長年使用していると傷んでしまい、劣化します。経年劣化してしまうと、小さな傷やひびが入るため、ガラスが割れやすい状態になっており、軽い衝撃を受けただけでも割れてしまう事があります。そのため、何も異常が無いガラスが突然割れたと感じる事もあるようです。
    経年劣化による現象として、ガラスの表面に白い雲のような汚れが浮き上がってきたり、無色だったはずのガラスに色目が付いて変色したりするケースもあります。

  • 温度差

    網入りガラスは、火災時にガラスが飛散するのを防止する効果があります。加えてデザイン性もあるので、商業施設や戸建住宅の窓にも多く用いられています。しかし、真夏の季節には直射日光が当たる場所では注意が必要です。ガラスが高温になり日が沈むと一気に冷えるため、その温度差によってワイヤーが伸びた状態から急激に縮むためガラスが割れてしまうことがあります。

  • 飛来物

    ガラスを慎重に扱っていても、強い衝撃を受けてしまうことがあります。それは、飛来物です。よくある原因として、風に飛ばされた小石などが挙げられますが、時には濡れた洗濯物などが飛来してガラスを割ってしまうことがあるようです。また、鳥などの生き物がガラスに向かって飛んで来ることもあります。当然ですが、自分に責任がなくても外から強い衝撃が加わればガラスわ割れてしまいます。

こんな時には特に注意が必要

天候や環境が原因でガラスが割れてしまうこともあります!

ガラスが割れてしまう原因と天候は非常に深いつながりがあります。先ほど紹介した原因と併せて、どのような天気の時にガラスが割れやすいのか確認していきましょう。

台風

台風

台風の時は、非常に風が強く、小石や枝など色んな物が一緒に舞い上がって行きます。舞い上がった物が風によってスピードをつけてガラスに向かって飛んで来ることでガラスが割れてしまうのです。また、劣化によりガラスの耐久力が下がっていると風圧によってガラスが割れしまうこともあるようです。

落雷

落雷

稲妻そのものは極めて小さい電流ですが、稲妻が落ちた際にガラスが割れるほどの衝撃を与える恐れがあります。落雷によってガラスが割れる原理として、「衝撃波」が考えられます。衝撃波は、音速を超える速度で物体の破損や、移動が生じた際に発生しやすくなります。衝撃波は目には見えませんので、音と同時に突然ガラスが割れるように感じることがあります。

積雪・降雪

積雪・降雪

雪が降る地域ですと降雪や落雪の重みに耐えきれず、ガラスが割れてしまうことがあります。特に屋外に駐車している自動車は寝静まっている間に雪が積もり、朝起きたらフロントガラスが割れている場合もあります。また、吹雪の際には雪がガラスに叩きつけられるように当たるため、小石が当たった時のような衝撃ありひび割れしてしまうケースもあります。

ガラストラブルというものは、ついつい解決を焦りがちです。安全のためにも迅速にガラス修理・交換に踏み切るのは大切ですが、一度落ち着いて、保険の契約内容を確認してみてはいかがでしょうか。そのガラストラブルが補償の対象になるのか否か。対象になるのなら、どのような書類が必要になるのかも保険会社に確認することが大切です。ガラス修理は、時に高額にもなる施工内容です。これらの保険をうまく活用し、ご自身の負担を最小限にしましょう。

ガラス修理情報

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼